2009年08月25日

WHCR(車椅子手配)

こんにちは、tannyです。

機内食の手配以外にも、特別な手配をすることが可能です。
例えば、車椅子。

身体が不自由で日常から車椅子生活の方、
高齢で空港内の長距離移動は避けたい方、などで
車椅子手配は変わってきます。

@ご自身の車椅子を航空機内に持ち込みたい方

サイズ、バッテリーの種類、歩行可能レベルを
あらかじめ搭乗会社に伝えます。
例えば、疾病により完全に歩行不可能、タラップは
付き添いがあれば、自分で登れる、など。
サイズによっては機内の通路は入りきらないため、
機内専用の車椅子を貸し出すこともあります。
そんなときに、自分で車椅子に移れるかどうかを
事前に把握する必要があるんですね。
そのため、車椅子手配、とくに機内持ち込みに
関しては、チェックが厳しいです。

A空港内移動のための車椅子貸し出し

これも数に限りがありますし、付添い人の有無に
よっては、空港職員がゲートまでお連れすることに
なるため、早めに希望をあげたいものです。

車椅子に関しては、リクエストベース(回答預かり)と
なる航空会社が多いです。
当日の空港の人員体制や在庫などによっても、必ずしも
OKとはならないです。

Aの例などは、高齢の同行者がいる場合には便利ですので、
予約先に聞いてみるのがおすすめです。

posted by tanny at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 業界用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

楽器の座席予約

こんにちは、tannyです。

昨日から、サイトウ・キネン・フェスティバルが
始まりました。
http://www.saito-kinen.com/j/

以前、こちらのイベントに関わるお仕事をさせて
いただきました。

海外から来日される演奏者の方のみならず、
楽器のためのお座席も予約します。
楽器は高価なものですから、万一のことがあってはいけません。

機内に持ち込み、旅客であるかのように、
チェロで、サイズがいくつで、、、という感じで
隣の席を押さえていきます。

お相撲さんもそうですが、1席では済まないんですよね(汗)。
楽器のために、席を押さえるっていうのは、ご存知ない方も
多いのではないでしょうか?


posted by tanny at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 業界用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月から燃油サーチャージ復活

こんにちは、tannyです。

前々から、噂されていましたが、本日正式発表。
全日本空輸
「国際線において燃油特別付加運賃を再設定。」
http://www.ana.co.jp/topics/unchin/info.html

10月からは2ヵ月ごとに見直しをして、小刻みに
設定を変えていくようです。

9月中の予約発券購入であれば、不要です。
お得に購入するのであれば、9月末まで!
posted by tanny at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の航空会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。