2009年08月05日

スペミル(SPML)

こんにちは、tannyです。

今日も、機内食のお話です。
ファースト・ビジネスクラスは別として、
ここ数年、エコノミークラスにはメニューが搭載されていないことも
あります。機内誌に搭載されているソフトドリンクの銘柄が
書かれていて、アルコールは1本5ドルで現金購入。。なんてことも。

以前は、乗務員が"chicken? or beef?"と聞いてくれましたよね。
そんなことも珍しくなり、シートベルトを締めたまま、
配給される食事を食べるのは味気ないものです。

選択権の無くなった感のあるエコノミー食ですが(笑)、
特別食=スペミルをリクエストできることはご存知でしょうか?

航空予約の世界では、4文字で特別なサービスをリクエストします。

SPML=スペシャルミール。略して、スペミル。

宗教上やアレルギーなどの理由から、特別食をリクエストすることも
可能です。
ベジタリアンミール(卵、乳製品を含む、含まない)、
コーシャミール、フルーツプレートのみ・・・などなど。
航空会社によって、対応可能なミールも異なりますし、受付日の
締め切りも異なります。
確実なのは、出発時刻の72時間前までに申し込むことと
いわれています。

カロリーが気になる方、たまには違うものを試してみたい方は、
スペミルをリクエストしてみましょう。
別アレンジなので、意外に美味しいという噂もあります。




posted by tanny at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 業界用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機内食を有料で購入できるサービス

こんにちは、tannyです。

国際線に搭乗して、「価値があるサービス」を受けたと
満足するとエアラインへの好感度がアップします。
同じ値段で航空券を買えるとしたら、差別化の決め手に
なるものでもありますね。

機内食のサービス
乗務員のサービス
エンターテイメントプログラムの充実度
機材自体のグレード
マイレージプログラムの内容・・・

その中でも機内食について、興味深い発表がありました。

7月31日付の読売新聞より引用、
「全日本空輸は国際線のビジネスクラスや国内線の上位クラスで提供している食事や飲料を、エコノミークラスや一般席で有料販売するサービスも始める。大手航空会社が食事を有料提供するのは異例の取り組みである。」

ビジネスクラスに搭乗すると、食事がまともなのは当たり前。
問題は、日系のエコノミークラス。
提供される食事の質は、米系航空会社に負けています。

年々悪化する食事内容に辟易し、私は軽食を持参しているくらい。
座席はエコノミーで14時間乗っても苦にならないんですけど・・・。
食事は有料でもいいからきちんとしたものを食べたい!!
ずっと、そう思っていたので、非常に嬉しいサービスです。

ちなみに、ローコストキャリア(LCC)であるジェットスターは
すでに「毛布つき、食事つき、アイマスクつき」であるか、
そうでないか、で航空運賃を分けて設定しています。

航空会社にとって、機内食はコストのはずなので、
ここで有料化して販売方法を工夫すれば、儲けどころに化けるかも
しれません。

















posted by tanny at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 世界の航空会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。