2009年08月05日

機内食を有料で購入できるサービス

こんにちは、tannyです。

国際線に搭乗して、「価値があるサービス」を受けたと
満足するとエアラインへの好感度がアップします。
同じ値段で航空券を買えるとしたら、差別化の決め手に
なるものでもありますね。

機内食のサービス
乗務員のサービス
エンターテイメントプログラムの充実度
機材自体のグレード
マイレージプログラムの内容・・・

その中でも機内食について、興味深い発表がありました。

7月31日付の読売新聞より引用、
「全日本空輸は国際線のビジネスクラスや国内線の上位クラスで提供している食事や飲料を、エコノミークラスや一般席で有料販売するサービスも始める。大手航空会社が食事を有料提供するのは異例の取り組みである。」

ビジネスクラスに搭乗すると、食事がまともなのは当たり前。
問題は、日系のエコノミークラス。
提供される食事の質は、米系航空会社に負けています。

年々悪化する食事内容に辟易し、私は軽食を持参しているくらい。
座席はエコノミーで14時間乗っても苦にならないんですけど・・・。
食事は有料でもいいからきちんとしたものを食べたい!!
ずっと、そう思っていたので、非常に嬉しいサービスです。

ちなみに、ローコストキャリア(LCC)であるジェットスターは
すでに「毛布つき、食事つき、アイマスクつき」であるか、
そうでないか、で航空運賃を分けて設定しています。

航空会社にとって、機内食はコストのはずなので、
ここで有料化して販売方法を工夫すれば、儲けどころに化けるかも
しれません。



















posted by tanny at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 世界の航空会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どんなビジネス、どんなメニューであっても、
お客様が「選べる」ということに価値があると思っています。
昔から、「松」「竹」「梅」ってありますしね(笑)
有料でも上のランクの食事が取れるのは賛成です♪
Posted by 道具屋 at 2009年08月05日 19:11
道具屋さん
最近はエコノミークラスの座席ポケットには、機内食のメニューすらありません。「選択」することができないのが一番辛いので、私も有料メニューの設定は賛成です!
Posted by tanny at 2009年08月05日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。