2009年08月25日

WHCR(車椅子手配)

こんにちは、tannyです。

機内食の手配以外にも、特別な手配をすることが可能です。
例えば、車椅子。

身体が不自由で日常から車椅子生活の方、
高齢で空港内の長距離移動は避けたい方、などで
車椅子手配は変わってきます。

@ご自身の車椅子を航空機内に持ち込みたい方

サイズ、バッテリーの種類、歩行可能レベルを
あらかじめ搭乗会社に伝えます。
例えば、疾病により完全に歩行不可能、タラップは
付き添いがあれば、自分で登れる、など。
サイズによっては機内の通路は入りきらないため、
機内専用の車椅子を貸し出すこともあります。
そんなときに、自分で車椅子に移れるかどうかを
事前に把握する必要があるんですね。
そのため、車椅子手配、とくに機内持ち込みに
関しては、チェックが厳しいです。

A空港内移動のための車椅子貸し出し

これも数に限りがありますし、付添い人の有無に
よっては、空港職員がゲートまでお連れすることに
なるため、早めに希望をあげたいものです。

車椅子に関しては、リクエストベース(回答預かり)と
なる航空会社が多いです。
当日の空港の人員体制や在庫などによっても、必ずしも
OKとはならないです。

Aの例などは、高齢の同行者がいる場合には便利ですので、
予約先に聞いてみるのがおすすめです。



posted by tanny at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 業界用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういうのはどこに予約すればいいんでしょうね?
チケットを買う時、代理店に放せばいいんでしょうか。それとも当日カウンターでお願いすればいいのかな?


空港の入り口で待ってもらえると、車椅子→VIP待遇になりますね。
Posted by 英語アレルギードクター at 2009年08月27日 13:02
EAGさん、こんばんは。
しばらくpcから離れていたので、コメント遅くなってすみません。。
車椅子の手配は、予約時に早めに代理店または航空会社へ連絡してくださいね。
こういったSSR(SPCIAL REQUEST SERVICE)は必ずしも即OKとはなりませんので。
Posted by tanny at 2009年08月31日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。